--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
2013.03.07

豪・日パスポート取得

R1035838.jpg

子供のパスポートが出来上がりました~。
まだまだ小さいのに、いっちょまえに2個もパスポート持ってます
二重国籍のため、更新の度に両国のパスポートが必要。
お金がかかるわぁ。。。


●オーストラリアのパスポート●

まずは郵便局で申請用紙をもらい、記入。
日本と違ってちょっと面倒なのが、保証人が必要な事。
しかも、親族以外のオージーじゃないとダメ。

全て記入したら、郵便局にアポをとって、インタビューに行きます。
※うちみたいな田舎の郵便局ではやってないので、隣町まで行ってきました。

【提出書類】
・申請用紙
・パスポート用写真 2枚


【提示書類】
・Birth certificateの原本
・旦那のパスポート


【費用】
・117ドル


インタビューって言うから、別室に行かされるのかと思ったら、普通に他のお客さんと一緒にカウンターにならんで、その場で書類のチェック。
これだったら、別にアポなんていらなくない!?って思うんだけど。。。

未成年は5年用しか作れないんだけど、今パスポート作ったら、次の切り替えは、5歳。
って事は、それまでは今の写真。
はっきりいって、5年後、赤ちゃんの写真じゃ、誰だか分からないね

約10日後、パスポートが送られてきました。



●日本のパスポート●

シドニーの領事館までは遠いので、郵送で手続き。

【郵送したもの】
・A4サイズの返信用封筒(1.2ドルの切手を貼って、うちの住所を記入)
・メモ
 ・子供の日本語の名前と英語
 ・生年月日
 ・日中の連絡先
 ・5年用申請用紙希望
 ・birth certificateのコピー


その後書類が領事館から郵送されてくるので、記入後、領事館にFAX。


【FAXした書類】
・申請用紙(表・裏)
・birth certificate
・戸籍謄本(6ヶ月以内のもの)


FAXしたら、電話で書類の確認。確認後OKがでれば、書類を領事館へ郵送。

【郵送した書類】
・申請書(写真1枚を貼り付け)
・戸籍謄本の原本(6ヶ月以内のもの)


【費用】
・72ドル


領事館に書類が届いたら、いつの受け取りが可能か連絡がありました。
(受け取りは1週間後からOK)


オーストラリアのパスポートは送られてくるけど、日本のパスポートは本人が領事館まで取りに行く事が条件。
受け取りの時にbirth certificateの原本が必要。

たまたまシドニーに行く用事があったからよかったものの、遠くに住んでる人には郵送してほしいわぁ。


 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Posted at 13:13 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
  
2012.11.18

日本の出生届

今日は、日本の出生届について。

産後バタバタしたくなかったので、子供が産まれる前に、シドニー領事館に必要書類をメールで確認。
次の書類を送ると、シドニー領事館から出生届などの必要書類が送られてきます。
(直接領事館に行って書類を提出する場合は、この手続きは必要ありません。)

①返信用封筒(A4サイズ $1.2の切手を貼り、自分の名前・郵送先を記入)

②以下を明記したメモ
 ・希望の届出用紙(出生届)
 ・子供の出生日(予定日)
 ・父母の国籍と永住権の有無
 ・婚姻の有無
 ・父母の氏名及び生年月日
 ・TEL

≪郵送先≫
在シドニー日本国総領事館 領事班 戸籍担当
G.P.O. Box4125 SYDNEY
NSW 2001

詳しくは、こちらに確認。

http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/japanese/consul/birth_marriage.htm


日本の出生届は、出生の日を含めて3ヶ月以内に提出しないと、日本国籍を喪失するので注意!

書類を郵送する前に、まずはFAXで書類の確認。(これ、領事館からの指示)
その後電話で訂正箇所や注意事項の確認があります。


【提出した書類】
・出生届出 2枚
・スタンダードのBirth Certificate(原本)1枚
・同和訳文 1枚 ※1
・父と母のパスポートコピー(Certified Copy)
・私のビザのコピー ※2
・戸籍謄本のコピー ※3

※1 領事館からフォーマットをもらえます。
※2 パスポートにビザスタンプがないので、ビザがおりた時に大使館からもらったメールをプリントアウトしたもので代用。
豪VISAは電子ビザっていうくせに、どこに行ってもビザの提示をもとめられるから、パスポートに証明がないと何かと面倒くさい!
※3 日付が古いものやコピーでもOK。

パスポートとビザは、領事館に直接行って提出する場合は、提示するだけでいいみたいです。


【費用】
・Birth Certificate 45ドル
・郵送代(Registered Post)5.4ドル


これで、オーストラリアの国籍と日本の国籍の両方を取得。
オーストラリアは二重国籍を認めてるけど、日本は認めてないので、22歳に達するまでにどちらの国籍を取るか決めないといけません。
まぁまだまだ先の話だけど・・・。
でもずっとオーストラリアに住んでれば、きっとオーストラリアの国籍取るんだろうなぁ。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村



Posted at 14:48 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
  
2012.11.10

ベビーボーナス

今日は、お金の話~。

●ベビーボーナス●


日本で「出産一時金」がもらえるように、オーストラリアでも「ベビーボーナス」がもらえます。

その額 5,000ドル

パブリックの病院で出産すれば、出産費用はタダなので、全額ベビー用品に使えます!

ただ、一度にもらえるのではなく、2週間に1回×13回。
また、夫婦の収入が、半年で75,000ドルを超える場合はもらえません。
出生後52週間以内に申請をしないともらえないので、ご注意!

申請方法は、出産時に病院からもらった用紙(右側の用紙)に記入して、メディケアに提出。(あるいは郵送)
R1033841.jpg

今ちょっとしたベビーラッシュのようで、申請してから最初のお金が振り込まれるまでに、5週間はかかるらしい。

後で知った事だけど、このベビーボーナス、どうやら出産予定日の3ヶ月前から申請できるらしい!
ただ、申請用紙は病院からもらったし、病院の担当者のサインなんかも必要だから、どうやって申請するのかは分からないんだけど。
cot買ったりカーシート買ったりプラム買ったりと、お金がかかるのって出産前だから、3ヶ月前からもらえるのは助かる~。



ただここで残念なお知らせが・・・


このベビーボーナス、来年(2013年)の7月から2人目以降の赤ちゃんには3,000ドルしか支払われないらしい!!

ガビーン

年が離れてる場合は最初の子のを使いまわしできるけど、1・2歳しか離れてない場合だと、結局cotやカーシートなんか新しく買わないといけないから、お金かかると思うんだけど・・・。


ベビーボーナスについては、こちらに詳しい情報がのってます。

http://www.humanservices.gov.au/customer/services/centrelink/baby-bonus



●Family Tax Benefit●

これもベビーボーナスと同じ申請用紙。
Family Tax BenefitにはAとBがあり、これは、その家族の収入によってもらえる額が違います。
もらえる期間は子供が学校を卒業するまで(18歳)。


Family Tax Benefitについてはこちらに詳しい情報がのってます。

http://www.humanservices.gov.au/customer/services/centrelink/family-tax-benefit-part-a-part-b



●メディケア●


これもベビーボーナスと同じ申請用紙。この申請用紙で、ベビーボーナス・Family Tax Benefit・メディケアの3種類が一気に申請できます。
これらの申請、最初私の名前でしようと思ったんだけど、私のビザがテンポラリーなので、メディケアの人から旦那の名前で申請する事をすすめられました。

申請後しばらくして、メディケアカードが郵送。
R1034405.jpg

旦那の名前の下に子供の名前。
2枚送られてきたので、私と旦那で1枚ずつ持ってます。



この申請用紙、全部で20ページくらいあって、2人で私のビザの申請を思い出しました。
でも今回私は何もしてない~。
全部旦那におまかせ。
自分で申請してないから、いまいちよく分かってない私 特にFamily Tax Benefitなんか。。。
まぁ旦那が把握してるからいっか~。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村



Posted at 10:10 | 子供 | COM(4) | TB(0) |
  
2012.10.08

Birth Certificate(出生証明書)

昨日からサマータイムが始まりました~。
って事で、日本との時差が1時間から2時間になります!







出産直後、病院から出生登録とメディケア・ベビーボーナスの届出用紙をもらいました。

R1033841.jpg


今回は、Birth Certificate(出生証明書)について。

Birth Certificateを取得するには、まず、出生の登録が必要。(左の用紙)
これは、60日以内にしないといけません!

登録の仕方は至って簡単。
フォームに必要事項を記入していくだけ。

Certificateの種類は、8種類。

R1033843.jpg

右下のがスタンダードで、それ以外は記念みたいなものかなぁ。
パスポートの取得など、正式な書類として使えるのはスタンダードのもののみ。

今回、日本大使館に提出する用(日本国籍を取るため)と、近々パスポートを取得予定なので、それようでスタンダードのものを2枚オーダー。

びっくりするのが、金額!

スタンダード・・・45ドル
記念のパッケージ・・・67ドル(スタンダードのCertificate込み)

※今は少し値上がりしてるらしいけど、病院からもらったフォームがこの料金だったので、私たちの場合はこの料金でOKでした。

日本で戸籍謄本取るのなんて、500円もしなかったと思うんだけど!
2枚もオーダーしたから90ドルもかかってしまった

ただ、Birth Certificateは出生の事しか書かれてないので、一度取得したらそれが一生使えるのはいいかなぁ。


うちの場合、電気・水道などの支払いものや家主の名前なんかは、全て旦那の名前。
旦那から、こっちで生活するなら少しでもシステムに私の名前があった方が将来役に立つかもって事で、私の名前で申請。
これが早速役に立ったんだけど!

日本にいる間は日本語だったから、基本的に書類関係は全て私がしてたんだけど、こっちにきてからは英語なので全て旦那にお任せ。

でも一生旦那にお願いするわけにもいかないよねぇ



 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村



Posted at 14:24 | 子供 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。