--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
2012.05.27

オーストラリアで妊娠したら・・・

オーストラリアでは、まずどんな病気でも、「GP(General Practitioner)」【一般開業医】と言われるところに行きます。
そこでドクターが診察して、専門の治療が必要な場合は、そのドクターに紹介状を書いてもらい、専門医へ。

妊娠も一緒で、まずはGPで診察。
妊娠が発覚した時に、GPに電話でいつ頃診察受けに行ったらいいか確認した所、

「あまり早く来ても特にする事ないので、8週目くらいになったら来てくださ~い。」

との事。。。
いつが8週目かよく分からなかったので、何となくこのあたりかな~って時に初めて診察に行きました。
尿検査・血液検査・触診で妊娠してるかどうかのチェック。

結局初めてベイビー専門のドクターに診てもらったのは、妊娠3ヶ月の時。

うちの町のドクター(GP)からは、
「毎月の診察はうちでして、時々ベイビー専門のドクターに診てもらうくらいでもいいよ。そのドクターとはメールや電話でやりとりもするから。」
って言われたんだけど、隣町のメディカルセンターで見てもらったベイビー専門のドクターがとってもよかったので、毎月検診は隣町まで行ってます。
プライベートの病院じゃなくても、ドクターによってはお金がかかる場合もあるみたいだけど、私のドクターはメディケアが全カバー。


※オーストラリアでは、メディケアに加入していれば、パブリックの病院はタダ。
※メディカルセンターとは、数名のGPが集まっているところ。


ただ、毎月の検診はメディカルセンター、超音波検診はそれ専門の場所で、出産は病院と、それぞれ場所が違うので、日本みたいな産婦人科を希望してる人は、プライベートの病院に行った方がいいかもねぇ。
その場合お金はかなりかかるけど。。。


本当は、お喋りオージーは自宅出産したかったみたいだけど(普通こういうのって女の人がこだわると思うんだけど)、

①近くにいいミッドワイフ(助産師さん)がいない。
②自宅出産の場合、今の所メディケアが適用されないので自己負担。
③隣町の病院(パブリック)がよかった。

ってな理由で、自宅出産は断念。
1人目だし、私も病院で産んだ方が安心はするかな~
①・②がクリアできれば2人目からは自宅出産もしてみたいけど!

③は、そこで産んだ人たちの評判を聞くまでは、隣町の病院なんて絶対イヤ!って言ってたお喋りオージー。
隣町はちょっとroughエリア。
でも、評判いいし、NSW州で帝王切開率が一番低い病院らしい。
ドクターもだけど、なにより助産師さんたちがとってもステキ
頼りになるママさんって感じ!


今のところ特に不安はないけど、出産間近になってきたら、色々不安になるかもー!

 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://chico11.blog10.fc2.com/tb.php/264-e99dddaf
この記事へのトラックバック
オーストラリアでは、まずどんな病気でも、「GP(General Practitioner)」【一般開業医】と言われるところに行きます。そこでドクターが診察して、専門の治療が必要な場合は、そのドクターに紹介状を書いてもらい、専門医へ。妊娠も一緒で、まずはGPで診察。妊娠が発覚し...
まとめtyaiました【オーストラリアで妊娠したら・・・】 | まとめwoネタ速neo at 2012.05.27 17:00
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。