--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
2012.06.17

出産する病院の予約

今回は、出産する病院の予約について。

私の場合、定期健診(メディカルセンター)と出産する病院(パブリック)は別の所。
その病院にはベイビー専門のドクターが3人勤務してて、いつも診てもらってるドクターもそのうちの1人。
なので、出産当日、かかりつけのドクターに当たる確率は1/3。

この前ドクターが出産する病院にアポイントだけとってくれたので、病院の予約に行ってきました。
入院手続きみたいなもんかな??
ミッドワイフ(助産師)が手続きしてくれたんだけど、質問がたくさん!!

・私や家族の病気歴
・鬱かどうかのチェック
・乳首の状態
・旦那に暴力は受けてないか
・赤ちゃんにVitamin K/Hepatitis B(B型肝炎)の注射をするか などなど・・・

その中で、

・赤ちゃんの父親とは血縁関係か?

っていうのがありました。
助産師さんもこれうけるやろーって言ってたけど、一応質問リストにあるから聞かないといけないらしい。
結局手続きに2時間くらいかかったかな。

この病院は、1人部屋が4部屋、2人部屋が2部屋。
プライベートの保険に加入してる人は、優先的に1人部屋に入れてもらえるみたいだけど、うちは加入してないので、1人部屋に当たる確率は2/3。
だいたいの人が1人部屋に当たるとはいってたけど。


で、色々病院からもらいました。
R1032303.jpg

妊娠中や赤ちゃんに関する本や、DVD、おむつのサンプルなどなど。。。

この病院は、いい意味でオールドファッション。
オーストラリアでは、ドクターもだけど、それよりも助産師さんの力が出産に大きな力を与えてる気がします。

助産師さんから、赤ちゃんが生まれたらすぐ母親の胸の所におくから、この時赤ちゃんに話しかけてねって言われました。
ちゃんと母親と父親っていうのを理解するらしい!

そして、赤ちゃんが自分でおっぱいを探して吸おうとするんだって!!
おっぱいを吸うまで助産師さんがサポートしてくれるらしい。

動物の本能ってやつね~。
何か話聞いただけで、ちょっと感動



うちみたいな田舎ではないらしんだけど、シドニーなんかでは、自分の体型の維持のために、帝王切開を希望する人もいるんだとか。
しないといけない状況だったら納得だけど、自然に出産ができる状況の中で、自ら帝王切開を選ぶなんて、私には理解不能。

うちの病院は、NSW州の中で、一番帝王切開率が低いんだって。
多分、ドクターも助産師さんもオールドファッションだからだと思うんだけど。



この前最後の超音波検査してもらったら、足閉じてたからおちんちんは見えなかったんだけど、股の間にラインが見えたから、きっと女の子かな~

ファーストネイムは女の子でも男の子でもだいたい決まってるんだけど、問題はミドルネイム!!
ミドルネイムは日本の名前で考えてるんだけど、

「ファーストネイムと合わない」 とか
「英語読みしたら、響きがよくない」 とか
「あんまり好きじゃない」 とか

お喋りオージーからダメだしばっかりもらうから、なかなか決まらない
産まれてくるまでには、ある程度決めたいんだけど!

 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://chico11.blog10.fc2.com/tb.php/274-9e00bb1a
この記事へのトラックバック
今回は、出産する病院の予約について。私の場合、定期健診(メディカルセンター)と出産する病院(パブリック)は別の所。その病院にはベイビー専門のドクターが3人勤務してて、いつも診てもらってるドクターもそのうちの1人。なので、出産当日、かかりつけのドクターに当...
まとめtyaiました【出産する病院の予約】 | まとめwoネタ速neo at 2012.06.20 11:22
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2012.06.17 17:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。