--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  
2011.03.17

原子力発電所

これが本当に心配です。

地震による津波の被害だけでも見ていられないような惨状なのに、さらに原子力発電所の爆発。

東京電力は、大丈夫といったりメルトダウンの可能性も否定できないといったり・・・。

もし外側だけではなく、中から爆発したら、日本はどうなってしまうんだろう・・・。

あの辺りには被災者の人たち、自衛隊、海外からの援助隊等、復旧に向けて頑張っている人達がたくさんいるのに・・・。

週末にはお義父さんから電話があり、もし原子力発電所が爆発したら、日本のどこにいても安全ではないと、オーストラリアのテレビで言っていたとか・・・。

フランス人の友達は、お父さんから何回も電話がかかってきて、日本を離れるようにと言っているみたいです。
フランスは日本以上に原子力発電所が多い国。それだけに、怖さを知っているんでしょう。

日本では、もしもの話はなかなか聞きません。
そんな事を言ってしまったらパニックになるんだろうけど・・・。

と、不安をかきたてる様な事を書いてしまいましたが、私が言いたいのは、今回の地震で、原子力発電のあり方についてすごく考えさせられたという事。
今までほとんど考えた事もありませんでした。

現在日本では55基の稼働中の原子力発電所があります。さらに、建設中が3基、計画中が11基。(ネットで調べたとこによると)
地震大国の日本で、土地もない日本で、人口が多い日本で、こんなにたくさんの発電所があって大丈夫なの??と思わずにはいられません。

地震対策はしていたが、今回の地震は想定外と言っています。でもそれでは済まされません。これから想定外の事は必ず起こるはずです。

専門家ではないので、原子力の替わりになる発電方法を聞かれると分からないけど、でもきっと何かあるはず!


原子力発電所って、本当に安全なの??と少しでも疑問に思う人がいたら、ぜひこのサイトを読んでみてください。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

これは、20年間原子力発電所の現場で働いていた方の声です。これを読んだら、いかに安全ではないかがわかります。

原子力だと少しのパワーでたくさんのエネルギーが作り出せるかもしれないけど、それに伴う危険はです!

チェルノブイリで起こった原発事故。ソ連政府は、パニックや機密漏えいを恐れ、この事故を最初公表しませんでした。翌日、スウェーデンの原子力発電所でこの事故が原因の放射性物質が検出された為、その翌日ソ連政府は公表に踏み切ったと言う事です。公表したのは事故があった2日後です。

日本では事故そのものの事実を隠すことはないだろうけど、事実を隠ぺいする事だけはやめてほしいです。

「今のところ身体に影響を及ぼす事はない」
では10年後、20年後は??

震災で辛い思いをしている人も多い中こんな記事を書いてしまったけど、真実を知るのは大切だし、今だからこそ、原発のあり方を考え直すべきではないかと思います。



これ以上天災・人災が起こらない事を願います…。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://chico11.blog10.fc2.com/tb.php/45-d6d2af86
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。